知って得する、車検の通しかた3パターン!

しっかりと整備するならディーラー車検

新車登録時を除いて一般的に乗用車の車検は2年に一度行います。商用車の場合は毎年車検が必要になりま。ですから自分でちょこちょこと整備を行わずに1年や2年に一度しっかりとした自動車の整備を依頼したい場合は、最寄りのディーラーや認証工場を有する中古車販売店に車検を依頼することがおすすめです。車検を受ける前にしっかりとした法定点検をしてくれるので、消耗部品の交換や事前に悪い部分などもしっかりと見てもらえます。整備費用が高額になるとそれに伴って車検費用も高額となります。

整備費用と車検費用を抑えたいなら車検代行

自動車自体が比較的新しく、もしくは自分で定期的な点検を行っていて整備に不良がない場合などは、車検を代行してくれる車検代行業者に依頼するのがおすすめです。基本的に車検を受けるにあたってのしっかりとした整備は行わないため、整備費用がほとんどかかりません。そのため自賠責保険料や重量税と言った最低限かかる費用と代行手数料だけで車検を通せます。ただ実際に車検を受けてみて保安基準に適合せずに車検が受からなかった場合は、当然に別途整備費用がかかります。

ユーザー車検を使えば最も安く車検が通せます

これはあまり知られていませんが、実は車検は自動車業者ではなくとも自分で通すことができます。ユーザー車検という制度を使い最寄りの陸運局で自分で車検を受ければ、手数料を業者に支払う必要もないので最安値で車検を通すことができます。もちろん保安基準に適合している必要がありますのでしっかりと整備も必要です。自賠責保険料と自動車重量税、そして受験手数料を支払えばユーザー車検を利用することが可能です。誰でも簡単に受験できる仕組みが整っていますので、初めてでも安心して受験できます。

車検が切れた車を運転し続けると、無車検走行として罰則を受けます。免許停止にもなるので注意しましょう。